男女共同参画推進委員会

情報・システム研究機構
 
 

私の育児生活

今年の5月初めから6月末までの2か月間、育児休暇を取らせていただきました。 伝え聞いたところによると、私が本機構における育児休暇取得第一号ということですので、育児休暇を取ろうと考えている男性職員とそういった方々を取り巻くみなさまを中心に、わずかですが私の体験をご説明できればと考えています。

photo_01

 私が育児休暇を取ろうと思ったのは、私の父の手術予定日と妻の出産予定日が重なってしまった上に妻の父の病状も思わしくなかったため、私の両親や妻の両親からの援助を期待できなくなったことがきっかけでした。 長女(現在2歳)が生まれたときに、妻の両親とともに家事・育児に参加していたこともあって、多少なりとも家事・育児のたいへんさもそれなりにわかっているつもりでした。 そのようなことから、24時間体制で妻に育児をさせるのは心身とも辛いだろうと思い、育児休暇取得について樋口所長と椿副所長にご相談させていただきました。 男性職員の場合、社会的な責任や体裁を気にして育児休暇を取るのをためらうことが多いかと思うのですが、私の場合、ある会社で育児休暇を取った友人(彼もその会社では育児休暇取得第一号だそうです)がおり、彼のアドバイスが私の背中を押してくれました。 樋口所長には「育児休暇を取るなんてだめだろうなぁ」と半ばあきらめた状態で相談させていただいたのですが、予想に反して「どうぞ、どうぞ」といった軽いトーンで返事をされたため、逆に拍子抜けしてしまったというのが実際のところです。  さて、「育児休暇」といった場合、「休暇」という二文字だけが強調され、「さぞかし自由な時間があるだろう」と誤解される方が少なくありません。 何事も同じだと思うのですが、”まじめ”に育児に関われば、これほど忙しいものはありません。 私の場合、育児休暇中は、食事の準備・娘のお風呂・長女の面倒は私が、これら以外の家事と次女の面倒は妻が担当し、本の読み聞かせ・部屋の掃除は2人でやることにしていました(この役割分担は現在も続いています)。 役割分担をしているとはいっても対応できないこともあります。 その場合は手の空いたほうが担当します。 特に、娘の面倒については「役割分担はあって無きが如し」ですので結局は2人でやることになります。 深夜になれば、赤ちゃんはまるで親の愛情を試しているかのように大声で泣きますし、太陽が昇れば長女が大人の都合とは関係なくおんぶや抱っこをせがんできます(研究する時間はもちろんのこと、まともに寝る時間すらありません)。 そんなとき、おなかがすいたのか、おしっこをしたのか、さびしいのか、甘えたいのか、遊びたいのか…妻ともども悩み、心身ともに滅入ってしまうこともありました。 失敗なんて日常茶飯事のことです。 また、研究職という職業柄、研究所内の仕事以外にいくつかの所外の活動(学術活動)も行っているため、主だった学術学会・団体・共同研究者には育児休暇中であることを伝えておいたのですが、それにもかかわらず仕事を振ってくるところがあり、妻ともども困り果ててしまうことがありました。 このときには、研究者が育児休暇を取る場合には、学術学会・団体にも育児休暇の目的を十分に理解していただかなくてはならないと身に染みて感じました。

 このように、育児休暇を取得させていただいてはじめて育児がいかに重労働であるか、そして周囲の方々に理解していただくことがいかに重要であるかを認識させられたわけですが、この重労働を補って余りあるほどの喜びを与えてくれるのも育児だと思います。 育児休暇中は、昨日までできなかったことが今日できた、そして明日はどんなことができるのだろう…とワクワクした日々が続きました。 育児休暇中は、生まれたばかりの次女は日が経つにつれて表情が豊かになっていき、長女の場合にはうまく声に出せなかった言葉が次第に話せるようになっていくのが手に取るようにわかりました。 また、毎日食事を作っている私にとって、長女がおいしそうにご飯を食べて、さらにおかわりまでしてくれた時には最高に幸せな気分になれましたし、散歩に連れて行くたびに大はしゃぎする姿を見るたびに私も嬉しくなりました。 他人から見れば大したことのないことかもしれませんが、それが幸せに思えるのも育児に参加しているからだと思います。

photo_02

 「育児ノイローゼ」、「育児放棄」、「放置っ子」といった問題が注目されている現在、育児休暇は、こういった問題を見つめ、子供を含めて家族全体との「距離」を縮めるうえで大変有意義だったと感じています。 育児は本当に大変です。 これを言葉にするのは簡単ですが、育児に参加しなければ実感できません。 主婦(夫)業も”まじめ”にやるとこれほどたいへんなものなのかと思いもしませんでした。 育児休暇から復帰してからは、妻の協力なしに家事・育児と仕事の両立させるのはたいへん難しいものであることも身に染みてわかりました。 一方、育児休暇をとったおかげで、子供が「初めて○○ができた瞬間」を見たときの感動を体感することができましたし、仕事に復帰してからは、帰宅するたびに「おとう!」と言いながら満面の笑顔で私のほうへ走ってくる長女の姿を見たときの気持ちなど、言葉では言い表せない嬉しさや楽しさをたくさん感じるようになりました。 また、赤ちゃんが大人の理解をはるかに超えたところで感情を表現していることを実感できる貴重な時間を与えてくれたのも育児休暇だと思います。 この気持ちをみなさんにわかっていただくには、(育児休暇を取るかどうかとは関係なく)積極的に育児に参加していただくしかないと思うのです。